トイレ

トイレの交換や和式トイレを洋式トイレへリホームなどについて



■目次

・和式トイレ〜洋式にリフォーム

・トイレの取替

・介護用トイレ

・トイレを増設

・くみ取り〜水洗トイレ

・リホーム(トイレ含む家全体)令和3年2月〜7月施工

和式トイレを洋式にリホーム






和式トイレを洋式トイレにリフォームする際に
気になるポイント8つをまとめました。


1.工事にかかる期間

2.工事にかかる費用

3.取り扱いメーカー

4.工事中のトイレのこと

5.申請できる助成について

6.施工事例2020年
 施工事例2021年


7.実際に工事をするときの流れ

1.工事にかかる期間は?


・公衆トイレのようなタイル仕上げの場合、5日~になります。
(コンクリートを乾かす養生日含む)

フローリング仕上げの場合、3日~になります。

2.リフォーム工事にかかる費用は?



一般的な価格は30万円から50万円になります。


価格の幅は選ぶ洋式トイレの種類や機能による違いです。

トイレを選ぶポイント

まず、種類を決めます。

・組み合わせトイレ
・一体型トイレ
・タンクレストイレ

次に機能を選びます。
・暖房便座
・ウォシュレット機能
・自動洗浄
・温風乾燥



その他主な費用について、
   

・養生費
・撤去廃材の処分費
・給排水設備工事
・床下地・壁下地補修工事
・巾木
・洋式便器
・クロス
・クロス施工費
・電気設備工事
・諸経費

その他、ご希望で、新しい紙巻き器の取り付けタオル掛け
手洗い場の設置など、
ご希望をお伺いします。

また、トイレの近くにコンセントがある場合は、電気設備工事が不要になります。

尚、既設の配管を変更することなく、便器のみの取替工事では、
15万~25万円になります。





3.取り扱いメーカーは?



TOTOやLIXIL等 
その他ご希望がありましたら、お気軽にお尋ねください。


4.工事中のトイレはどうなるの?



工事中はトイレはご利用いただけません
ご家庭の場合は、仮設トイレの設置をして対応いたします。

5.申請できる助成について


各自市町村には助成金の制度があります
米原市の詳しい助成内容はこちらを参考にして下さい。



6.施工事例の紹介

公衆の和式トイレを洋式トイレへリフォーム
1日目

施工前

便器を取って配管を直します。

タイルの下地を作ります。

タイルを貼ります。



2日目の仕事(着工から3日目)
タイルの目地込め

この後目地を乾かします。
目地!


洋式トイレは和式トイレより大きくなるので

扉を内開き(押して開ける)から



外開き(引いて開ける)に
変えました。

扉は、金具の調整だけで、
新しい材料は不要です。

作業は最後の清掃まで含めて2時間の内容でした。



3日目の仕事(着工から5日目)

・洋式トイレの取り付け
・給水配管の工事
まずは、乾かしていた目地の確認をします。
そして給水配管の工事をします。
洋式トイレを取り付け完成です



約3時間の仕事内容になります。

最終日は現場の確認、
説明をさせていただき
仕上げのお掃除をして、
納品完了になります。



床がタイル仕上げの場合は今回のような工程が一般的なものになります。

フローリング仕上げやクッションフロワー仕上げも可能です。

★施工事例2は、こちらより御覧ください。

7.実際に工事をするときの流れ



①まずは問合せをしてください。
その時にお伺いする大体の内容は
・ご希望の工事内容
・工事現場の住所、連絡先
・現場確認日の日程の相談

②現場確認
現場確認では
・改修内容の確認
・トイレの広さの確認(洋式トイレが設置可能かどうか)
・給水配管の位置
・電気(コンセントがあるか)
・土間の確認(タイルか、コンクリートか等)
・設置予定の器具の確認


設置予定の器具の確認では、
費用や種類や機能のご希望を伺いおすすめをピックアップさせていただきます。


③見積もりの案内

④材料の納期を確認後、施工の日程の調整をします。

施工日の決定
⑤施工します。

⑥請求書の発行

お支払いは、銀行振込か、ペイペイ、集金に対応しています。






 

8.和式トイレを洋式トイレにするメリット


・初めに子供目線での和式トイレの印象ですが
子供は、便器の中が丸見えだったり、足元に落ちてしまいそうな水たまり
あると、なかなか和式トイレに近づいてくれません
その点洋式トイレはそういったことがないので、スムーズにトイレに促すことができます。

・足腰に不安のある高齢者にとっても、洋式トイレは安心して使っていただけます。

節水できる機能を持った洋式トイレもあります。
リフォーム後の水道代の節約にもつながってくると思います。


トイレのお困り事はお気軽にご連絡ください。

● 電話 090-7096-9527

●LINE 
友達追加ボタンからお問合せ下さい。
友だち追加


または、
QRコードを読み取ってください。





●メール こちらをクリック



トイレの取り替え

米原市 長浜市のトイレの取替や、交換お任せ下さい。

実際の取り替えの様子は、このようになります。



トイレも消耗品になりますの長年使っていると、不調が
出てきます。


トイレの故障の際は、
いきなり、新品のご提案はしていません。

部品の交換が可能かどうか、一度確認させていただきます。


メーカー部品がない場合や、

古いトイレの場合は、部品交換で、トイレが一旦使えるようになっても、
違う箇所がすぐに壊れてしまう場合もあり、

トイレのご使用状況や、トイレの状態を一通り確認し

取替も視野に入れていただく方が良いか、
ご提案をさせていただきます。

水道業に携わって20年になります。

今まで多数のトイレを交換してきています。

頼りにしていただけると幸いです。

使用状況等を確認しながら、

お客様のご希望も踏まえた、工事をさせていただきます。




● トイレの買い替えのタイミングは、10年~15年

長く使うトイレなので、しっかり機能など選んで決めて
いただきたいと思います。

● 交換作業にかかる時間は、2時間半くらいになります。




● 家全体の水を止水栓で止めて行う作業もあります。
 お客様の負担にならないよう短時間での作業を心がけています。
また、止水時間が短くなるよう工程を考えて作業させていただきます。

トイレの交換  2021年 4月
米原市にて、トイレの交換をさせていただきました。

こちらのトイレは、定番の縁無しトイレです。
掃除がしやすく汚れが残りにくくなります。
汚れからくる臭いを防ぐことができます。
また、タンクレスに見えるおしゃれなデザインですが、
小さいタンクが付いているトイレになります。
トイレを流す水量も、小なら3,8㍑とかなりのエコになっています。
トイレ交換によって、節水が自然とできるようになります。
環境に優しいリホームです。



トイレの交換  2021年 1月

今回交換をすることになった原因は、ウォシュレットが動かなくなってしまったためです。



今回は、メーカー部品がなかったため、取り替えとなりました。

取替前


トイレを取り外した状態



取替後



今回のおトイレは、一体型トイレになります。
(タンクレスではありません)
タンクが内蔵されているタイプです。

トイレの交換  2021年 1月


交換前

施工後

トイレの交換と一緒に、
壁と、床のクロスを張替えしました。
また、ドアノブのデザインも変更しました。
こちらの工事にかかる時間は、半日になります。

トイレの交換 施工事例
ウォシュレットの使用が出来なくなってしまったため、
トイレの取替工事をさせていただきました。

オート洗浄タイプのトイレになりました。



トイレの交換 施工事例

ウォシュレット故障のため、
タンクと便座一体型の洋式トイレに、交換させていただきました。

 施工後


トイレの交換 施工事例
タンクレストイレから、タンク付きのトイレへ取り替え工事をしました。

施工前
施工後

トイレの交換 施工事例

こちらも、長く使用され、古かったため交換させていただきました。
タンク一体型のウォシュレット機能付きトイレへ、交換しました。


トイレの取替施工事例





トイレのお困り事はお気軽にご連絡ください。


● 電話 090-7096-9527

●LINE 
友達追加ボタンからお問合せ下さい。
友だち追加


または、
QRコードを読み取ってください。





●メール こちらをクリック


介護用トイレ

介護用のトイレとして、水洗トイレベッドサイドに設置することが出来ます。
間取り的に、トイレを寝室近くに設けることが難しいっと
諦めていた方も、、ベッドサイドトイレなら、
ベッドのすぐ横に清潔な水洗トイレを設置できます。






  こんな方におすすめです。 ご自宅での介護を明るく

■ご利用のお客様の声

・トイレの世話をしてもらって、申し訳ないので、喉が渇いても水分を我慢していました。これからは、好きなだけ飲めます。

・寝室に清潔なトイレが付いてありがたいです。

・ポータブルトイレの後始末で家族がもめていて、それを見るのが辛かったです。

・においが無いことに感動しています。

■ご家族の声

・介護負担が大幅に減りました。後始末は毎日でしたから。

・排泄に時間がかかるので、以前は家のトイレが使えないことが多く困っていました。

・ひとりで出来るっという自信ががついたようです。

・ポータブルトイレの処理を誰がするのかで毎日家族がギクシャクしていました。 ベッドサイド水洗トイレを使用してから、それがなくなって嬉しいです。


※TOTO株式会社 ベッドサイト水洗トイレ
お客様のコメントは、すべてお客様個人の感想です。
商品の性能を保証するものではありません。

トイレをリホームで増設

今まで、トイレが無かった部屋にトイレを増設したり、
トイレのためにお部屋を作ったり
トイレのお悩みお任せください。


 2021年6月
2階にトイレを増設

2月からのリフォームの現場です。
今日は2階の配管です。
水回りが一切なかった2階へトイレを設けるために配管をしています。
トイレには、給水管と排水管が必要です。

トイレのみのときは、水だけの配管をし、
お湯の配管はしません。水色の配管は、

お水です


2021年2月 
トイレをリホーム



こちらのお客様は、リホームによって、
今までトイレがなかったところにトイレを増設しています。
床や、壁を貼ってしまうと決して、配管の全貌を見ることが有りません。

床下で、排水が、漏れていても、
壁の中で水が漏れていても
すぐに気づかないところです。

決してそのようなことがないように、
施工していきます。



和式トイレを洋式トイレへリホーム 施工事例2

2021年2月

1日目
トイレの解体をしました。
つながっているパイプやコンクリート、使用済みトイレ、タンクを撤去しました。
そして、次の洋式トイレを設置するために、排水の配管を調節しました。
配管の高さを丁度に持ってくるのが、ポイントです。
最後は、掘った土を戻して、コンクリートを打っていきます。
コンクリートが乾いたらタイルを貼ります。
タイルは、新しいものと色が変わってしまうので、
必要最低限に していきます。

排水の配管には、ものが落ちないようにしっかりフタをしておきます。
不要に土など排水管へ落とさないように、
注意を払って工事をすすめます。




2日目

タイルの準備をしていきます。
同じ種類のタイルを探し貼っていきます。
タイルの厚みは5ミリなので、 仕上がりがちょうどの高さになるように、コンクリートを 打っていきます。
ここの高さが、違うとトイレの使用感が悪くなるので、
注意します。

タイルがかわいたら、次は、タイルのすき間を埋めていきます。


3日目

3日目もタイルの仕事になります。
貼り付いたタイルの目地を埋めていきます。
目地は、すぐに拭き取り、再び乾くのを待ちます。
乾いたあと、いよいよ洋式トイレを設置して行きます。




4日目

和式トイレを洋式トイレにする工事最終日になりました。
最終日は、いよいよトイレの設置です。
便座、タンク、ウォシュレット、給水管、紙巻きっと設置して
いきます。
最後は、しっかり水が流れて、しっかり止まることを確認します。
そして、施工時に飛び散った、ホコリやゴミを回収します。

施工事例   2021年5月