配管

配管の詰まりや、故障水漏れ等について


・つまり
・水もれ
・給水管や 排水管
・下水道 リホーム
・下水道 雨水配管
・下水道 くみ取り〜水洗トイレ
・下水道 雨水はいかん
・ほおん材の取り付け
・基礎貫通スリーブ
・バルブ
・給水管の増径工事
・屋根散水
・古民家の配管

【重要】  米原市 長浜市 水漏れの修理や相談

排水管詰まりの修繕工事

排水管の詰まりを解消し修繕します。

【重要】 米原市 長浜市 水漏れの修理やご相談について

検針のお知らせに水漏れの注意書きが書いてあったけど、

どうすればいいのかな?

・水漏れの対処方法が知りたい方

・直したいので修理業者を探している方

・直したいので、安心して依頼できる業者をお探しの方



検針に水漏れの注意事項が書いてあると、
色々不安だと思いますが
まずは、ご安心ください。

水漏れは、目に見えない場所の場合
音を聞いて水漏れ箇所の特定が出来ます。

場所の特定ができれば、最低限の工事
対処することが出来るからです。

また、目に見えない場所での水漏れなどは、
減免を受けることが出来ます。

「米原市指定給水装置工事事業者」

「長浜市水道企業団から指定を受けた、指定給水装置工事事業者」での修理であれば、

減免を受けることが出来るからです。

■水漏れの対処方法について

1、蛇口などの機器からの水漏れがないかを確認します。
宅内の蛇口をすべて点検します。
しっかり締めたつもりでも、タラタラ水が出ている場合が
あります。
蛇口での水漏れが確認できた場合は、
その部分の修繕を行います。

2、蛇口などの機器からの水漏れがなかった場合

水道メーターを確認します。
目に見えない部分からの
水漏れなのか、どうかを確かめるためです。
たまたま、水道の使用量が多く漏水の注意書きが
書かれている場合もあるため、確認をします。
すべての蛇口を締めて、水道メーターのパイロットマークを見てみます。

水道メーターは、屋外にあります。
すべての蛇口を締めて、パイロットマークが
くるくるっと回っていれば漏水しているので、
なるべく、早く修理をします。

■直したいので修理業者を探している方

減免の対象になるには、
指定業者での修理をした場合になります。
米原市の方は、

「米原市指定給水装置工事事業者」

長浜の方は、
「長浜水道企業団から指定を受けた指定給水装置工事事業者」
へ連絡をするようにします。

カトリ住設はどちらの指定業者にあてはまります。

20年以上地域密着で漏水の修繕をしてきています。
相場とかけ離れた、ご請求をすることも有りません。

ご不安な方には、お見積りを無料で作成することが出来ます。
ご納得いただけた場合はぜひご連絡ください。

減免については、こちらをご確認ください。

■安心して依頼できる地元業者をお探しの方
 カトリ住設は、経験豊富です。

これまでの施工事例をご紹介します。


★★2021年7月 漏水しゅうぜん

漏水箇所を特定するために通常は、
エアーを使った調査をします。
しかし、今回はじめて、エアーで特定で出来ず、
ガスを使った調査をしました。
ガス検査にて、漏水箇所が特定でき
無事に修繕が出来ました。


2021年6月 漏水修繕完了

電気温水器の水もれを修繕。

電気温水器で作られたお湯を流す
配管での水もれでした。

耐熱パイプより水もれしている状態でした。
新しく、フレキシブルパイプへ交換し
修繕完了です。
最近は漏水工事が続いています。

2021年 6月 漏水修繕完了

給湯器のお湯の配管からの水もれを修繕しました。

床下に入る入口が無いため、床を開けて床下に入っていきます。
埋設してある配管からの水もれのため、
給湯器を移動し、コンクリートを削り漏水箇所を
確認します。

観察すると、配管から水が吹き出している状態でした。
お客様は、井戸水を使用されていて、
水をどこも使用していないときに、ポンプが水を汲み上げるため
漏水に気づくことが出来たそうです。

銅管で修繕し、水もれが直ったことを確認します。
最後は、削った部分を修正し、床を戻します。


2021年6月 漏水修繕完了

施工前は、洗濯機から出てきた排水で床下が水浸しに
なっていたようです。

水をポンプなどを使い排出します。
そして、修繕していきます。
以前は、ジャバラ状のホースが使用されていました。
柔軟に曲がりやすい配管ですが

無理に曲がったままになっていると、
劣化しやすくなります。
穴が開き排水が出てきてしまいます。

修繕には、ジャバラは使用せず、直接配管につなぐように施工しました。
これで、再発が防げます。





2021年6月 施工完了


 2021年6月 施工経過

手入れの行き届いたキレイな石を傷つけぬよう
配管を引き直ししました。
給水管からの漏水のため、検針のお知らせでも気づくことが出来ます。
漏水箇所の近くを掘ってみると、水が地面から出てきました。



2021年6月


2021年5月 




給水管が破損して水漏れしていたため、修理しました。
給水管が、破損してしまうと、
水がチョロチョロ出てきたり、
吹き出したりします。

近くにバルブがある場合は、止めるようにしてください。




2021年2月 漏水施工事例 

土の中の配管
からの漏水を修理しました。
庭の地面が じとっっと濡れていたため
掘ってみたところ、漏水に気づくことが出来たそうです。
漏水箇所を探す手間もなく、
修繕だけさせていただきました。

2021年2月 漏水施工事例

給水管からの水漏れでした。
給水管からの水漏れは、検針のお知らせで気づくことが出来ます。
まずはじめに配管の音を聞いて、
漏水箇所を特定します。
漏水箇所の特定が出来たら、コンクリートを削り、
配管を直していきます。
水を使用していないのに、水道メーターのパイロットマークがまわり続けている場合や、
検針のお知らせに、水漏れの注意事項が書かれていたら、
調べるようにしてください。


2021年1月 漏水施工事例


漏水施工事例 2021年1月
施工前


施工後

漏水施工事例  2020年12月



漏水施工事例 2020年12月
施工前

施工後


漏水 施工事例

パイプにが空いてしまい、水漏れを起こしていたため、
新しいパイプに交換させて頂きました。
 


漏水 施工事例

以前からの漏水により、
下水道使用料、水道使用量が増えてしまった
との
お困り事でした。
エアーの音により漏水箇所の調査をしていきます。
漏水箇所が特定できると、配管工事へ取り掛かります。
漏水箇所を2か所修繕させていただきました。
作業時間は
調査含め5時間になります。
工事代金は、調査費用を含め約50,000円になります。


漏水 施工事例
[漏水のお知らせ]を受け取られたお客様からのご依頼で
漏水の調査、修繕をしました。

漏水調査は、専門の方に依頼します。
特殊な機械を使い調べてくれます。
漏水箇所が見つかると、コンクリートを割り、
地面を掘り、破損した給水管を直していきます。
作業時間6時間 
費用は、漏水調査費用込み約5万円ほどになります。






漏水 施工事例

地中に埋まる配管からの水漏れ
こちらは、ユンボを使って土を掘り
修繕させていただきました。

作業期間は2日になります。

漏水 施工事例

洗濯機用の給湯管の水漏れ修理

漏水施工事例

使用してない配管を短くカットして、
キャップ着用後に地中へ埋めました。



漏水施工事例 
施工前

壁の中の配管からの水漏れを修理させていただきました。
壁の中の配管ですが、壁が濡れていたので
気づかれたそうです。

施工後



実際に工事をする際の流れについて

1,お気軽にお問い合わせください。 

電話、メール、LINEにて
ご相談出来ます。

ちょっとしたことでも、お気軽にお尋ねいただければ幸いです。

・工事の内容、現状について
・住所、連絡先
・現場を確認するお日にち

3点お伺いします。

2,現場の確認をします。

3,お見積りの案内

4,施工、修理

5,ご請求書の確認

減免については、こちらをご確認ください。

水漏れした場所によっては、料金の減免を受けることが出来ます。

米原市
減免の対象となる水漏れの場所は、次の様になります。

地下漏水であって地表より発見できなかった水漏れ
壁の中などで発見できなかった水漏れ
・通常地表で発見出来るものであっても、積雪のため発見できなかった水漏れ
・不可抗力による漏水で発見が困難な水漏れ

対象とならない
水漏れについては、次の様になります。

・「米原市指定給水装置工事事業者」以外のものが修理した場合
・「米原市指定給水装置工事事業者」記入の修理完了証明書がない場合
・給水装置の管理義務を怠ったための水漏れ
・米原市給水装置工事施工基準に適合しない給水装置からの漏水
故意または、重大な過失による漏水

長浜市

直近の検針により発見した漏水に限り、特別に使用量の一部を
差し引くことがあります。
これを漏水減算と言います。

申請は、修理を依頼した指定給水装置工事事業者を通じて、
当該検針日から60日以内に行ってください。


対象とならない
水もれについては次のようになります。

・不表現の漏水(目に見えない場所での漏水)でない場合
故意または過失による場合
・工事検査後2年以内の場合
・給水装置工事に、かしがあった場合
・長浜水道企業団水道条例第7条の規程に違反して施工したもの
過去2年以内に減算の適用を受けた場合

排水管 給水管 給湯管 配管工事

給水の配管、給湯の配管 しています。

簡単に言うと、
家の中でを使うところでは、が出るように。
家の中でお湯を使うところでは、お湯が出るように。

配管をする工事です。

例えば、2階に手洗い場を設けたい!庭に洗車用の蛇口が欲しい!
など
このような時にする工事になります。

また、排水管の工事は、
水や湯を使った排水を、適切に流し処理されるようにする工事です。

●2021年5月
排水の漏水は、
気づくことがほとんどありません。
なぜかというと、
水道のように使用量を量るメーターがついてないため、
メーターでの確認が出来ないからです。
また、定期的に点検する事がないためです。
知らない間に、使用した水が家の下で漏れていると
大変なことになります。

そのため排水配管工事は、確認に確認をかさね、慎重に行います。


配管経路を考えるのが好きなので、配管工事は特にやる気の出る仕事です。

2021年5月 リフォーム工事での配管
基礎工事が始まるので
その前に、配管をします。

●止水バルブ取り付け
●給水管工事
●排水管工事


●2021年5月 
依頼者様のご相談内容 


・長く使ってきた水道の配管の劣化が気になっている 
・水は出るけど、もう少し使いやすい蛇口にしたい
・複雑な配管経路になっていて、保温材が巻きにくい
・劣化と複雑さで見た目がよくない。
 というご相談でした。

施工前の状態



施工後






施工事例

洗面化粧台を新しく設置するための工事です。
(給水管 給湯管 排水管を新しく設備する工事。)

洗面所では、水も湯も使うので、
水や湯が出てくるように配管をします。
そして、使い終わった水が適切に処理されるように、
排水の配管をします。
青色が水
赤色がお湯です


施工事例

2階にトイレ、台所、お風呂、洗面所が
あるお宅の排水管の修繕工事を
させていただきました。
排水管も劣化します。
正しく流れていかないと、家のどこかで、排水が漏れてしまい、
大変なことになります。


施工例
給水管を新しく設置

施工事例

基礎貫通スリーブの設置工事しています。

施工事例

雑排水の配管工事しています

施工事例
台所、洗面所、お風呂、洗濯機、の排水の配管や
給水管、給湯管の配管工事お任せ下さい。


施工事例
洗面化粧台の排水の位置変更工事



施工事例

リホームにつき、給水管と給湯管の工事をしました。


排水管の工事をしました


施工事例


新築の社務所に給水管を配管しました。(青い管)
また、配管の施工もしました。(灰色)


2階に洗面所をつける工事はこちらで詳しく紹介しています

下水配管工事 合併浄化槽からの接続工事


分離桝の新規取付工事お任せ下さい。
施工事例



下水配管工事 雨水配管工事

雨水が、きちんと側溝へ流れるよう、配管工事出来ます

側溝へ流れていくことで、水はけがよくなります。
また、水たまりの乾きが
早くなります。

早く乾くことで、虫などが発生してしまうことを防げます。


●2021年6月 雨水の配管
屋根からの雨水が今までは、駐車場へ流れ出ていましたが、
側溝へきちんと流れるように配管しました。


●宅内の雑排水を公共下水に流すための配管工事をしています。
雨水を側溝に流すための配管工事をしています。

施工例


保温材取り付け

配管の保温材の取付けお任せ下さい。

日陰や、風がよくあたる箇所は、配管の凍結などにより
配管が割れてしまうことがあります。

勿論ご自身で直すこともできます。
しかし、慣れない場合は、

どんな材料をどれくらいの量用意したらいいか?

また、中途半端に余ってしまった材料の保管など
手間も発生します。

カトリ住設は、経験が豊富です。
必要な個所に必要な分だけ、しっかり対応できます。

ホームセンターに材料を買いに行く手間や、作業時間、あまりの材料の保管など、一切必要ありません。
お気軽にお申し付けください。

施工例


バルブ

バルブを閉めたのに、水が止まらない等、
バルブのトラブルはお気軽にご連絡ください。

バルブの交換
施工事例
施工前


施工後



バルブの新設
施工事例
リホームにつき給水管が増えたため、バルブを設置しました。
バルブがあることで、漏水箇所が特定しやすくなります。

リホームにおける下水道工事

下水道 施工事例を紹介します。




■2021年2月米原市

リホームにつき、下水道を工事をしました。

その1


その2
小型のユンボが入らない現場は、手掘りで配管をしていきます。使用時につまらないように、勾配をしっかり設けて施工していきます。


その3





■2021年2月
庭に新しく駐車場を作りたい等、コンクリートを打ちたいけど

下水マスなどがあって、困ることないですか?

そんな時は、このように工事出来ます。

劣化が心配な配管 使いにくい蛇口 複雑な配管経路をキレイにスッキリ整える 工事出来ます。

●依頼者様のご相談内容 2021年5月 

・長く使ってきた水道の配管の劣化が気になっている 
・水は出るけど、もう少し使いやすい蛇口にしたい
・複雑な配管経路になっていて、保温材が巻きにくい
・劣化と複雑さで見た目がよくない。
 というご相談でした。

施工前の状態



施工後

給水管増径工事

水道管を増径するとは?

まず、水道の口径について
 水道は、道路などに埋め込まれている配水管から分岐して、宅地内の水道メーターに引き込まれます。
この時に使われる給水管の大きさを示したものが、
「口径」です。
口径のサイズは、13、20、25などがあります。

増径するとは、
口径のサイズを大きくすることです。
13→20は 水量が2倍以上増えます。
サイズが大きいほど、流れる水の量が大きくなります。

20にすることで、同時に多くの水を使うことが出来ます。

現在の口径を調べる方法は、

■「ご使用水量・料金のお知らせ」や領収書
■「水道メーターの蓋」

チェックすれば記載されています。

給水管増径工事のメリットは

・一度に使える蛇口が増えます。
・水量不足を感じなくなります。

増径のデメリットは
・基本料金が上がる などです。
米原市の方は、こちらに詳しく記載されています
長浜市の方は、こちらに詳しく記載されています

どんなに良い設備を付けていても、
水量不足で本来の良さが発揮できないのであれば、
増径工事で得るメリットがあると思います。

米原市、長浜市で増径工事をご検討の方は、ご連絡ください。

2021年5月 給水管増径工事 施工例

漏水の修理 屋根散水編

屋根散水の配管が漏水していたため、修理をしました。屋根の上は、当たり前ですが日陰もなく照り返しが強いので、暑いです。暑さ対策をしつつ作業をすすめます。漏水箇所を素早く見つけ修繕します。水もれがないこと、水がしっかり止まることを確認して、作業完了です。
散水している時と、散水ができていない時では、工場内の室温が全く違うとのことでした。


漏水修理後の写真がこちらです。2021年8月

下水道 くみ取り〜水洗トイレ

「くみ取り式のトイレを水洗トイレに変えたいな」

 このようなご相談を頂き、工事させて頂きました。

●工事をした所

・トイレの内装
・下水道工事

トイレの写真 施工後

汲み取り不要の、水洗トイレへリホームしました。
新しい床板に変えキレイになりました。
木の匂いがして、トイレとは思えないほどの心地よさです。

また、手すりをつけたため、トイレの動作もスムーズにできます。

下水道工事 施工後


ご使用されていた、くみ取り便槽はリホーム前に、汲み取りと消毒をしていただきます。お客様から汲み取り業者様へご依頼していただきます。

そのご便槽を全撤去か、半撤去かご希望を伺います。

水洗トイレでは、下水道を利用するため、トイレの水はキレイな水となり、川へ流すことができます。
宅内に汚水を溜め込まないため、臭いの問題も解決でき、衛生的になりました。

古民家の配管

2021年9月

古民家の改修につきキッチンの配管をしました。
古民家の配管では、
もぐれる場所を探して、床下に潜り配管をしていきます。
新築とはまた違った、配管環境なので、ルートを考えるとワクワクします。

排水管と、給水管(水を通す管)給湯管(お湯を通す管)の配管を済ませたので、設備がつくまでしばし待機となります。
長くいい状態で使えるように、慎重に配管をしていきます。





2021年10月
給水管 給湯管 排水管のつづき

お風呂、洗面、キッチン、トイレ、エコキュート

また、それぞれに伴う排水管工事

既存の配管は古くなっているため、なるべく新しい配管へと交換をしていきます。コンクリートの下の配管などは、希望をお伺いして、残すか新しくするか対応できます。


2021年10月 雨水配管工事をしました