米原市・長浜市の  ガス工事 水もれは 【カトリ住設】

リホーム

キッチンのリホーム

キッチンの高さ変更できます。

据え置き型キッチンの場合後から高さのみの変更可能です。

古いキッチンをお使いで低く使いにくい場合、
高さ変更をすることによって負担が軽減されます。

レンジフード取替工事

レンジフードの取替工事お任せ下さい。

古いものを取り外し新しいレンジフードを取付けます。
取り換えにかかる時間は約2時間ほどになります。

取り換えることで、吸い込みがよくなります。
見た目もスッキリして、お掃除の時間短縮につながります。

毎日何回も使うレンジフードなので、メリットを感じるリホームで人気があります。



プロペラファンからシロッコファンへの取替工事をしています。

レンジフード取替工事 施工前

レンジフート取替工事 施工後


レンジフード取替工事
施工事例2



レンジフード取替 施工事例3

システムバス設置工事

システムバスの設置工事をしています。

洗面化粧台の取替工事

洗面化粧台の取替工事をしています。

施工前



施工後


別の場所に洗面所を移動することもできます。こちらです。

脱衣所の改修工事

脱衣所の改修工事をしています。
毎日ご使用される脱衣所を機能的にすることで
お風呂に入る楽しみができます。


施工事例
脱衣所に換気扇を取付け













和式トイレを洋式にリホーム

      


   


和式トイレを洋式トイレにリフォームする際に気になるポイント8つをまとめました。

1.工事にかかる期間

2.工事にかかる費用

3.取り扱いメーカー

4.工事中のトイレのこと

5.申請できる助成について

6.施工事例

7.実際に工事をするときの流れ

1.工事にかかる期間は?


・公衆トイレのようなタイル仕上げの場合、5日~になります。
(コンクリートを乾かす養生日含む)

・フローリング仕上げの場合、3日~になります。

2.リフォーム工事にかかる費用は?



一般的な価格は30万円から50万円になります。


価格の幅は選ぶ洋式トイレの種類や機能による違いです。

トイレを選ぶポイントは

まず、種類を決めます。

・組み合わせトイレ
・一体型トイレ
・タンクレストイレ

次に機能を選びます。
・暖房便座
・ウォシュレット機能
・自動洗浄
・温風乾燥



その他の主な費用は、
   
・養生費
・撤去廃材の処分費
・給排水設備工事
・床下地・壁下地補修工事
・巾木
・洋式便器
・クロス
・クロス施工費
・電気設備工事
・諸経費

その他、ご希望で、新しい紙巻き器の取り付け、タオル掛け、手洗い場の設置など、
ご希望をお伺いします。

また、トイレの近くにコンセントがある場合は、電気設備工事が不要になります。

尚、既設の配管を変更することなく、便器のみの取替工事では、
15万~25万円になります。





3.取り扱いメーカーは?



TOTOやLIXIL等 
その他ご希望がありましたらお気軽にお尋ねください。


4.工事中のトイレはどうなるの?



工事中はトイレはご利用いただけません。
ご家庭の場合は、仮設トイレの設置をして対応いたします。

5.申請できる助成について


各自市町村には助成金の制度があります
米原市の詳しい助成内容はこちらを参考にして下さい。
PDFファイルを表示


6.施工事例の紹介

公衆の和式トイレを洋式トイレへリフォーム
1日目

施工前

便器を取って配管を直します。

タイルの下地を作ります。

タイルを貼ります。



2日目の仕事(着工から3日目)
タイルの目地込め
タイルについた目地セメントをふき取るとこのようになります。
この後目地を乾かします。
目地!


洋式トイレは和式トイレより大きくなるので

扉を内開き(押して開ける)から



外開き(引いて開ける)に



変えました。

扉は、金具の調整だけで、
新しい材料は不要です。

作業は最後の清掃まで含めて2時間の内容でした。



3日目の仕事(着工から5日目)

・洋式トイレの取り付け
・給水配管の工事
になります。
まずは、乾かしていた目地の確認をします。
そして給水配管の工事をします。
洋式トイレを取り付け完成です


約3時間の仕事内容になります。

最終日は現場の確認、
説明をさせていただき
仕上げのお掃除をして、
納品完了になります。



床がタイル仕上げの場合は今回のような工程が一般的なものになります。

フローリング仕上げやクッションフロワー仕上げも可能です。



7.実際に工事をするときの流れ



①まずは問合せをしてください。
その時にお伺いする大体の内容は
・ご希望の工事内容
・工事現場の住所、連絡先
・現場確認日の日程の相談

②現場確認
現場確認では
・改修内容の確認
・トイレの広さの確認(洋式トイレが設置可能かどうか)
・給水配管の位置
・電気(コンセントがあるか)
・土間の確認(タイルか、コンクリートか等)
・設置予定の器具の確認


設置予定の器具の確認では、
費用や種類や機能のご希望を伺いおすすめをピックアップさせていただきます。


③見積もりの案内

④材料の納期を確認後、施工の日程の調整をします。

施工日の決定
⑤施工します。

⑥請求書の発行

⑦ご入金






 

8.和式トイレを洋式トイレにするメリット


・初めに子供目線での和式トイレの印象ですが
子供は、便器の中が丸見えだったり、足元に落ちてしまいそうな水たまりが
あると、なかなか和式トイレに近づいてくれません。
その点洋式トイレはそういったことがないので、スムーズにトイレに促すことができます。

・足腰に不安のある高齢者にとっても、洋式トイレは安心して使っていただけます。

・節水できる機能を持った洋式トイレもありますので、リフォーム後の水道代の
節約にもつながってくると思います。

和式から洋式へのリフォームは施工することがありますが、洋式から和式へのリフォームは、受注がありません。
なので、洋式のトイレにリフォームするメリットは十分にあると感じています。





電話 090-7096-9527



ビルトインガスコンロのリホーム


ビルトインガスコンロのリホームにかかる費用や相場をまとめました。

リホームの作業時間や、ご依頼の方法も紹介しています。



目次


1.ビルトインコンロ交換にかかる費用は、10万円~

2.実際によく選ばれる価格帯は15万円くらい

3.作業にかかる時間は1時間半から2時間

4.実際の施工事例の紹介

5.実際に工事をするときの流れ



それぞれについて詳しく紹介していきます。




1.ビルトインコンロの交換にかかる費用は、10万~



ビルトインコンロは、天板によっては、10万円~の費用で交換することが出来ます。

10万円~含まれる内容は

・コンロ本体
・打ち合わせ
・見積もり
・取り付け工事
・配管
・検査
・処分

 

必要な物すべて入って10万円~になります


「~」の内容は、配管の仕様の違いです。

他の部材が必要になるからです。

また、この部材に関しては、事前打ち合わせの時にご説明します。

費用が、限られている場合もあるかと思います。
確認してから施工をさせていただきます。
ご安心ください。





2.実際に選ばれる価格帯は15万円


 10万円から取り付けできるビルトインガスコンロですが、
 実際に人気が高い価格帯は
 15万円代のものです。
 天板がガラストップになります。

 ガラストップの天板は汚れが付きにくいため人気です。

 その理由は天面温度を低くする事が出来るからです。

 温度が低いと、こびりつきにくくなります。

 また、性能によっても価格帯が変わります。

 例えば、温度調整の幅を広くしたり、
 調理タイマーの時間を長くするなどです。

 ハイクラスだけについている、別機能や、
 スタイリッシュなデザインは
 魅力的ですが、
 自分にとって必要な機能のみを選ぶこともできます。

 
 ガラストップでは、
 掃除の手間を軽減できる事が、ポイントです。

 手軽にお掃除できる事で、いつでも清潔なキッチンを
 保つことが出来ます。
 清潔なキッチンで作る料理は衛生的で健康的です。
 また、効率よく家事ができるので
 時間や心に余裕が増えます。
 
一日の始まりは、朝食を作ることから始まる方が多いと思います。
一日の始まりを、気持ちよくスタートさせれると魅力的です。

 
 
 
 

3.作業にかかる時間は1時間半から2時間



 作業中は、基本在宅をお願いしています。

 平日の在宅が難しい場合は、お気軽にお申し付けください。

 作業内容

 1、施工前検査
 2、撤去
 3、天板廻りの掃除
 4、取り付け
 5、配管
 6、検査
 7、点火試験
 8、完成、説明






4.実際の施工事例の紹介


施工事例1件目

施工前 


施工後



天板がホーローの商品から、ガラストップへの交換
ビルトインコンロから、ビルトインコンロへの交換は
配管を大幅に変える必要がありません。

写真を見ただけで、施工後の凹凸のない様子がわかります。
お掃除がテーブルを拭くかの様にできそうです。


施工事例2件目

 施工前


 施工後


天板がホーローの商品から、ガラストップへの交換

コンロの下にあったビルトインオーブンレンジは、
使用頻度により、収納へ変更

色々カスタマイズしても、スッキリしています。
 
天板の温度が上がりにくいので、こびりつきを軽減できます。

コンロの幅は、ワンランク広いものになりました。

広いタイプは、大きな鍋を置いても、圧迫感なく

調理できます。

5.実際に工事をするときの流れ




①まずは問合せをしてください。
その時にお伺いする大体の内容
・ご希望の工事内容
・工事現場の住所、連絡先
・現場確認日の日程の相談

②現場確認
現場確認ですること
・器具の確認
・大きさの確認
・配管の内容の確認


器具の確認では、
費用や性能、機能のご希望を伺いおすすめをご案内します。


③見積もりの案内

④材料の納期を確認後、施工の日程の調整をします。

施工日の決定
⑤施工します。

⑥請求書の発行

⑦お支払い


以上になります。



洗面所のリホーム 別の場所に設置 編

-施工事例-
古民家のため、台所の横に別で、流し台がありました。
台所の流しで十分に足りていたため
この、流し台スペースを取り壊し洗面所にしました。
場所的にも、台所のすぐ横に、洗濯機など置くことができ、
とても便利です。
もともとあった、流し台を取り壊したところ
脚立の右の配管が、洗面台の配管です。
手前に洗濯機の配管があります。
   
施工後

行った作業
・既設の流し台の撤去
・洗面台、洗濯機の配管
・洗面所、洗濯機の電気工事
・床、壁、天井の作り直し
・洗面所の設置
・洗濯機の設置
です。
家族構成が変わったり、生活スタイルの変化で
朝の時間帯が込み合い、
準備がスムーズにできなくなってしまった。
など、
しばらくは、その生活リズムが続きそうな時は
思い切ってリホームもありです。

また、別の施工事例
倉庫を改築して、洗面所を設ける工事

配管の様子


お気軽にお問合せ下さい。
見積もりは無料で出来ます。

ペイペイ使えます。

電話 090-7096-9527

2階に手洗い場をつける

2階に手洗い場をつける工事お任せ下さい。

お子様の進学など、生活リズムや生活様式が一変することもあるかと思います。

ご不便なくスムーズに生活して頂けるよう工事させていただきます。


色々な手洗い場をカタログから選んで決めていただくこともできます。

お気に入りのデザインがある場合もお気軽にお申し付け下さい。





トイレの取替

トイレの取替や、トイレの交換お任せ下さい。
トイレも消耗品になりますの長年使っていると、不調が
出てきます。

完全に壊れてしまう前に
余裕をもって取替をしましょう。


施工事例1
ウォシュレットの使用が出来なくなってしまったため、
トイレの取替工事をさせていただきました。


オート洗浄タイプのトイレになりました。



施工事例2

ウォシュレット故障のためタンクと便座一体型の洋式トイレに
交換させていただきました。

 施工後


施工事例3
施工前
施工後

施工事例4



 
こちらも、長く使用され、古かったため交換させていただきました。
タンク一体型のウォシュレット機能付きトイレへ、交換しました。
トイレの買い替えのタイミングは、10年~15年くらいです。
交換作業にかかる時間は、2時間半くらいになります。

リホーム中の仮設

リホーム中もなるべく普段通りに過ごしてもらえるように
仮設をします。

給水、給湯、ガスのこれまでの仮設の施工事例です。

仮設
ガス、給水、給湯



仮設
ガスの検査もしかっりします。



仮設
蛇口

リホーム前の設備の移動や撤去

リホームに伴い、工事のために
設備を一旦取り外す作業について、簡単に紹介します。

リホーム前の、設備は再びリホーム後に戻すことも可能です。
買って間もない設備などがある場合は、お気軽にご相談
ください。

また、リホームに伴い処分して、新しく付け替えることも
できます。

カトリ住設は、水廻りもガス工事もできますので、
スムーズにやりとりすることが可能です。

また、作業する者が、たくさん出入りするのと、
不安な方も、水廻りとガスが同じ作業者で、できるので、
ご安心ください。

設備の移動や取り外し 施工事例1


こちらは、取り外して、取り替えします。



こちらは、リホーム後に再びお取り付けします。

問合せ

カトリ住設
住所 米原市上野734
電話 090-7096-9527
お電話の連絡はここをクリック


 LINEで相談できます。

●QRコードを読み取ってご利用ください。


●友達追加ボタンからお問合せ下さい。


友だち追加

PAGE TOP